カテゴリー : 2005年 11月2日

Entbloess

百式に載っているEntbloessですが、Mac OS XのF9キーと同じ機能を提供しているようです。日ごろからこの機能がWindowsにも欲しいなと思っていたので、結構いいかも。コメントにも色々Mac OS X風のツールが紹介されていますねぇ。会社のWindowsマシンで試してみようかな。

Amazonなか見!検索

さっき記述した、「本について」に関連するタイムリーな情報を得ました。その情報とは、Amazonが始めた「なか見!検索」です。詳細機能は、Amazonのページに載っていますが、要は、本をキーワード検索すると、キーワードを含んでいる本が表示され、その本のキーワードが登場するページの前後をブラウザから閲覧できるというものです。本の立ち読みがWebブラウザ上で行うことが可能となります。

これは、非常に便利な機能ですね。本を買う場合、私は立ち読みをすること無しに買うことはほとんどありませんので、今後この機能のヘビーユーザーになることでしょう。

本について:紙と電子媒体

通勤電車の中で本を読んでいることが多いのですが、本の内容がPDFなどの電子媒体で入手できたら楽なのに、と思うことが多々あります。主にIT系の本を読んでいてそう思うことが多いです。例えば電車の中で、あるアルゴリズムの本を読んでいたとします。その後オフィスの机で仕事をしているときに、「そういえば本に書いてあったあのアルゴリズムを使用したいが、どこに書いてあったっけ?」って思うときがあります。その場合、電子媒体があるとパソコン上に検索ができて、とても便利だと思います。著作権の問題もあるとは思うのですが、本を買ったら電子媒体もついてくるような仕組みを是非実現して欲しいものです。

でも、電子媒体だけっていうのはダメですね。やはりじっくり本を読むときは紙媒体がいいです。