カテゴリー : 2005年 1月

パソコン購入検討

新しいパソコンが欲しい病になってきました。といってもWindowsパソコンではなくMacintoshです。もちろん仕事では Windows パソコンを使っています。

しかしながら、

  • 家で仕事をするときは、会社から貸与されている Dellの Note PC (Windows XP Professional) を使用すればよい
  • BSD Unix上で動作している MacOSに惹かれる
  • 対応アプリケーションが以前に比べ充実してきた
  • やっぱ、デザインがいい!
  • この際、Desktopパソコンは破棄して、家のスペースを節約する

ということで、Macintoshが欲しくなってきました。どこでも持ち運べるという理由で、買うなら Note かなぁと思っています。

# Mac mini (http://www.apple.com/jp/macmini/)の価格は非常に魅力的ですが…

価格を考えるとiBookで妥当と思うのですが、次期 OS Tiger の Core Image機能に完全対応していないのです(http://www.apple.com/jp/macosx/tiger/core.html)。あまり、グラフィックにこだわってはいないのですが、PCの技術はすぐ陳腐化するのでできれば対応済みチップが入っている PowerBookかなと思ってしまいます。でも、ハードディスクやメモリを増設し、スーパードライブを装備させると、12インチタイプでも25万円します。ちょっと高いですねぇ…

http://www.apple.com/jp/powerbook/

ただいま我が家の財務大臣である奥さんを説得中です。無事に買えたら、私のVAIO Noteを奥さんに進呈するつもり 🙂

ASIN:B000231SKG:detail

いつの間にやら年越し

最近全然更新していないですね。更新しないまま年を越してしまいました…

資格受検勉強は、基本テキストを再読しているところです。

また、年始に録画していた歴史ドラマをまだ見終わっていません。その歴史ドラマというのは、「国盗り物語」と「大化改新」です。

国盗り物語は、原作を何回も読みました。司馬さんの作品の中では、「項羽と劉邦」とならんでお気に入りです。ドラマの方はというと、やはり、明智光秀役の渡部篤郎がいいですね。彼はどの役をやっても、独特の風貌があり、存在感が伝わってきます。今晩見終えるつもりです。

その国盗り物語を見終わった後に、大化改新を見る予定です。

国盗り物語 第1巻 改版 斎藤道三(新潮文庫)
司馬遼太郎著

出版社 新潮社
発売日 2004.01
価格  ¥ 740(¥ 705)
ISBN  4101152047

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1