カテゴリー : 仕事

連休明け

シルバーウィーク明け、久々の会社でした。

企画資料を書いたり、企画資料をレビューしたり、企画についてディスカションしたり。
企画内容は、今週末(明日)までに、あらかたFixするつもり。

しかし、開発マネージャとして今の会社に入ったのだけれど、すっかり企画部門で落ち着いてしまっているなぁ。

図書館で無線LAN

私の家の近くの図書館のホームページを何気なく見ていたら、無線LAN(フレッツフレッツ ・スポット)が使えると書いてあった。今どきの図書館は進んでいますね。

自宅では、Bフレッツフレッツ を使用しているので、月額800円でフレッツ・スポットが使用できる。おまけに、今加入すると、工事費が無料で、月額料金も3ヶ月無料とのこと。
思わず、加入してしまいました。

3連休の内の一日、自宅で仕事しようと思っていたのですが、図書館で仕事することにしよう。

P.S
ぐぉ、またブログピープルのトラックバック先を間違えてしまいました。
『怪しい情報?【アフィリエイト】』の管理人様、本記事に対するトラックバックを削除してくれませんでしょうか。
お忙しいところ、申し訳ないですが、宜しくお願いいたします。
#トラックバックをもっと簡単にできる仕組みがないだろうか…?

一週間が短い…

今週、来週と月曜日が祝日なので、三連休が続くのは嬉しいけど、仕事が終わらない。
もう、週の半ばを過ぎてしまった。
必然的に、残業の日々です(裁量労働制なので、残業代はでないけど…)。

世の中には、残業代が欲しいから残業している人もいると思うけど、多くの人は与えられる仕事量が絶対的に多いから、仕方なく残業しているんではないかなぁ。

連休にRails

会社での主な仕事はマネジメント業務なので、このごろちょっと欲求不満です。

ということで、今日の午後は、以前買ったRuby on RailsRuby on Rails の本を読み返してみました。書名は、「かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発」という本です。

この本の書評は様々ですが、Ruby on Railsの初心者にとっては、具体的なアプリケーションを作りながらRailsの使用方法を学べるいい本だと思います。二版以降だと、誤記も修正されているようですし。

ただ、Ruby on Railsの本全般に言えることですが、1年以上前に出版された本が多いので、最新のRuby on Rails上で動作させようとすると、動かないことがあります。著者のartonさんは、親切にも、そのような人たちに向けてメモを残しておいてくれています。
また、正誤表もここにあります。

Ruby on Railsを私のプロジェクトに使えない物だろうか、と思う今日この頃です。

仕事を速く効率的に!

最近、仕事をしている時に、なんとなくダラダラ感を感じてしまう。「もうちょっと仕事を効率的に出来ないものだろうか」とか、「もっとモチベーションを高められないだろうか」と思う。

そんなところ、本屋で気になる本があった。書名は「スピードハックス」。

買ってしまいました。

「モチベーション」と「段取り」が大事との観点から、どのようにしたらやる気が起きるか、どのようにしたら無駄な時間を省けるか、といった事柄が色々な手法やツールを交えて説明されています。

この本で紹介されているツールで、私は以下のツールを使用しています。

仕事の時間を減らしてプライベートタイムを増やしたい私には、参考になる話ばかりでした。

新しい仕事に向かって

今やっている仕事が一段落した。
この1年間、非常にストレスの多い仕事だった。
個人に仕事がついて回っているような組織だったので、途中からプロジェクトに参加した人(私を含む)は、非常につらい職場だった。情報の共有が全く出来ないのだ。また、今までの常識がこの組織の非常識のような感じだった。
今は、ほっとしている。

来月から別の組織での仕事が始まる。キーワードは、XMLXML +Middleware。
とりあえず以前購入したXML関連の本を読んで復習しているところ。

Ruby本購入

会社のカフェテリアプランのポイントが溜まっているので、ポイントを使用して以下のRuby関連の本を買った。

Rubyは、非常にスマートで書きやすい言語ですね。

Railsの本を二冊買ったんですが、アプローチは全く違います。

Ruby on Rails入門―優しいRailsの育て方」は入門と書いていますが、どちらかと言うとリファレンス的な本です。「かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発」は、まずはプログラムを書いてみて、その後にプログラムの解説があるというような本です。前者の方が情報量が多いので長く使える本ですが、Railsをまずは動かしたければ後者の方がおすすめです。ただし、後者は誤植があるので、読む前に翔泳社のホームページで正誤表をチェックしておいた方がいいです。

いずれにしても、Ruby on Railは、非常に生産性が高いことを実感しています。

自宅のMy PowerBookでもきちんと動いています。

Rubyレシピブック 第2版 268の技
青木 峰郎 後藤 裕蔵 高橋 征義
ソフトバンク クリエイティブ
売り上げランキング: 31918
Ruby on Rails入門―優しいRailsの育て方
西 和則
秀和システム
売り上げランキング: 32126
かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発
arton
翔泳社
売り上げランキング: 207449

今の会社に言いたいこと

転職者を採用するときに、安易に採用しないでほしい。転職者は人生かけて転職しているのに、受け入れた側は、Job Descriptionで記述された内容と異なる仕事を平気で頼む。さらに、転職者に何の教育もせず、かといってOJTもやらず(入社前は充実したOJTが待っていると言われた)、いきなり転職者にとってはわけわからない仕事を押しつける。誰に聞いても、皆忙しすぎるためか、その場しのぎの回答しかしない。

人の人生に対する詐欺ですよ、こんなことは。

いっそ、こんなに裏切られるくらいなら、入社面接時に落としてほしかった。