カテゴリー : 2008年 11月

今日も昔の曲で

昨日に引き続き、ぼーっと曲を聴いています。女性ボーカルが多いなぁ。

  • ちあきなおみ

  • 千賀かほる

  • 大橋純子

  • 渡辺真知子

  • 山口百恵

  • 桜田淳子

  • 今井美樹

昔の曲で現実逃避

今週は、仕事面で激動の一週間でした。疲れました。家に帰って、YouTubeで現実逃避しています。中学時代に聴いた曲を中心に。
マイナー調な曲が多いなぁ… 所謂フォークやね。

  • 紙ふうせん

  • 中島みゆき

  • グレープ

  • 小野香代子

  • やまがたすみこ

  • 井上陽水

近頃のFM局に不満

車に乗っているときに、FMを聴こうとすることがあるのですが、近頃はどのFM局も同じような曲を流しています。

あと、昔に比べて、やたらトークが多い!それも、話術が無さそうな人達のトークなので、つまらない。

こっちは、音楽を聴きたくてFMを選択したのに、どの局を回しても音楽がかかっていないことがあります。

私がFM局を多用していた時代(1980年代まで)は、FM局の数は今より少なかったかも知れませんが、もっと音楽中心だった気がします。それも、多様な音楽が流れていたような。。。
NHK FMに関して言うと、昔はもっとクラシックを流していたような印象なのですが、今はクラシック番組が少なくなった印象です。

アメリカの様に、局によって流す音楽のジャンルを決めればいいのに、とも思います。一日中、クラシック音楽を流す曲があったり、ブルースを流す局があったり、とかね。

今は、どの局も金太郎飴状態。

そういえば、最近、FM雑誌は見ませんね。私が学生の頃は、「FMレコパル」、「週刊FM」、「FM fan」といった3大FM雑誌が出版されており、エアチェック(この言葉は死語?)に明け暮れていました。もちろん、録音媒体はカセットテープで、お金があるとTDKのSAなんか買っちゃったりしていました。
                              


ブルックナー交響曲第7番

久しぶりに、交響曲を通しで聴いてみました。
曲目は、ブルックナー交響曲第7番ホ長調。

ブルックナーの作る旋律は大変美しいのですが、「へびのような音楽」とも評されているように淡々と同じようなフレーズが続きます。しかしながら、それ故に、まったりと浸れることも確か。

私の聴いたCDは、指揮 ヘルベルト・フォン・カラヤン、演奏 ウィーンフィルハーモニー。
カラヤン最後の録音です。所謂「白鳥の歌」
音色が非常に美しい。磨きに磨かれている感じ。カラヤン&ウィーンフィルの面目躍如ってところでしょうか。

ブルックナー:交響曲第7番
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2007-09-05)
売り上げランキング: 3188

秋の夜長にショパン

私の学生時代、クラシック好きの友人の中では、アシュケナージ、アルゲリッチ、ポリーニの三人がもっとも人気が高いピアニストでした。

当時の私は、アシュケナージのピアノが一番好きだった。

今日は、アシュケナージとアルゲリッチのショパンを聴く。
聴いたCDは、以下のとおり

  • 夜想曲集
  • エチュード集
  • ピアノ・ソナタ第2番

アシュケナージの落ち着いているけれどもそれでいてロマンティックな演奏、アルゲリッチの激しく情熱的な演奏…

ショパンも、いいね…

ショパン:夜想曲全集
ショパン:夜想曲全集
posted with amazlet at 08.11.02
アシュケナージ(ウラジミール)
ポリドール (1995-10-01)
売り上げランキング: 855
ショパン:12の練習曲
ショパン:12の練習曲
posted with amazlet at 08.11.02
アシュケナージ(ウラディーミル)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003-06-25)
売り上げランキング: 79091
ショパン:ピアノソナタ第2番&第3番
アルゲリッチ(マルタ)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2006-11-08)
売り上げランキング: 8795
Page 1 of 1 1