カテゴリー : 2006年 9月

フィルムの味

デジカメに移行してから5ヶ月ほど経ちます。デジカメは撮った影像をすぐ確認でき、補正もでき、画像も綺麗です。もう手放せません。

でも、、、、なんか、、、あっさりしています。

フィルムカメラの場合、「撮った影像を頭で覚えておき、ラボから帰ってくるネガやポジを見て一喜一憂する」というプロセスを楽しんでいたように思います。その過程がなくなり、物足りなさを感じるのは贅沢でしょうか。

また、良く言われることですが、フィルムの不規則な粒状性や、ラボによる個性などが作品に味をだしていました。デジカメで撮った影像は、撮った瞬間にある程度結果が判ってしまいます。

まー、といっても、今更メインカメラをフィルムには戻せないんですけどね。

でも、いつかはNikon F6を買って、もう一度フィルムを楽しんでみたいです。

#PENTAX 645NIIもいいかもね。

Nikon F6 一眼レフカメラ

Nikon F6 一眼レフカメラ

  • 出版社/メーカー: ニコン
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: エレクトロニクス

PENTAX 645N-2 ボディ

PENTAX 645N-2 ボディ

Page 2 of 2 12