カテゴリー : 2005年 11月6日

CUnitバージョン違い

「UNIXプログラミングの道具箱」という本にCUnitというCプログラムのテストツールが載っています。これを試そうとしたのですが、この本に記述されているCUnitのバージョンは、1.1.1なのです。最新のCUnitのバージョンは、2.0.2で、おまけにフレームワーク自体が大きく変わりました。以下は、READMEの記述の一部

——————————————————-

Important Note – Changes to CUnit Structure & Interface

——————————————————-

As of version 2.0, the interface functions used to interact with the

CUnit framework have changed. The original interface did not attempt

to protect user code from name clashes with public CUnit functions and

variables. To minimize such name clashes, all CUnit public functions

are now prefixed with ‘CU_’.

The old public names are deprecated as of Version 2.0, but continue

to be supported with conversion macros. In order to compile older code

using the original interface, it is now necessary to compile with the

macro -USE_DEPRECATED_CUNIT_NAMES defined. If there are any problems

compiling older code, please file a bug report.

今更、1.xの使い方を覚えても仕方がないので、「UNIXプログラミングの道具箱」のサンプルプログラムを2.0ベースにしようと思い、CUnitのドキュメントを読んでいます。

サンプルプログラムで、とりあえず、概要は掴めましたが。色々な機能を理解するためにはもうちょっと読み込みが必要ですな。

Page 1 of 1 1