カテゴリー : 読書

自然科学の基礎がため

最近、ちょくちょくブルーバックスのような自然科学系の本を読む。すると、やっぱり自然科学をちゃんと理解するには数学の知識が不可欠だなぁ、とつくづく思ってしまう。何を隠そう、私は理学部数学科出身なのですが、大学を出て15年以上もたつと、数学の知識は忘却の彼方へ消え去っている。

そんな時に、たまたま本屋で、おあつらえ向きの本を見つけた。「数学入門 (大学生のための基礎シリーズ)」という本。この本の目的は以下のように書かれている

  • ゆとり教育を反映して高校までの数学の学習内容は量的に減少、質的にも衰退している。高校までの数学と大学で必要となる数学との乖離を埋め、大学生が学んでおかねばならない数学の基礎学力を身につけるための教科書
  • 数学の基礎を解説した入門書。中学校までの数学的知識だけで読めるように書かれている。高校の数学をおもな内容とするが、高校の数学にとどまらず、さらに多変数関数の微分積分学や微分方程式論、線形代数学などのより高度な数学を学ぶための十分な素養が得られることを目標にしている。

実際、この本はの内容は、数・集合・論理といった非常に基礎的な知識から始まり、方程式、関数、微積分、ベクトル、行列、確率まで多岐に渡っている。高校から大学1年のぐらいまでの内容でしょうか。定理の証明や例題の解説も丁寧に記述されているので、数学の基礎の基礎をおさらいするには持ってこいだと思います。さらに、非常に読みやすい!

なお、この本の姉妹編の「数学入門〈2〉偏微分・重積分・線形代数」や、「物理学入門〈1〉力学 (大学生のための基礎シリーズ)」、「物理学入門〈2〉電磁気学 (大学生のための基礎シリーズ)」、「化学入門 (大学生のための基礎シリーズ)」もおすすめ。いずれの本も、高校レベルから大学1-2年度あたりまでの内容となっていて、大学時代の復習および自然科学の基礎がためには最適。思わず衝動買い…です。

数学入門 (大学生のための基礎シリーズ)
上村 豊 坪井 堅二
東京化学同人
売り上げランキング: 228877
数学入門〈2〉偏微分・重積分・線形代数 (大学生のための基礎シリーズ)
上村 豊 坪井 堅二
東京化学同人
売り上げランキング: 492382
物理学入門〈1〉力学 (大学生のための基礎シリーズ)
市村 宗武 狩野 覚
東京化学同人
売り上げランキング: 182695
物理学入門〈2〉電磁気学 (大学生のための基礎シリーズ)
狩野 覚 市村 宗武
東京化学同人
売り上げランキング: 431582
化学入門 (大学生のための基礎シリーズ)
下井 守 村田 滋
東京化学同人
売り上げランキング: 60784

Ruby本購入

会社のカフェテリアプランのポイントが溜まっているので、ポイントを使用して以下のRuby関連の本を買った。

Rubyは、非常にスマートで書きやすい言語ですね。

Railsの本を二冊買ったんですが、アプローチは全く違います。

Ruby on Rails入門―優しいRailsの育て方」は入門と書いていますが、どちらかと言うとリファレンス的な本です。「かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発」は、まずはプログラムを書いてみて、その後にプログラムの解説があるというような本です。前者の方が情報量が多いので長く使える本ですが、Railsをまずは動かしたければ後者の方がおすすめです。ただし、後者は誤植があるので、読む前に翔泳社のホームページで正誤表をチェックしておいた方がいいです。

いずれにしても、Ruby on Railは、非常に生産性が高いことを実感しています。

自宅のMy PowerBookでもきちんと動いています。

Rubyレシピブック 第2版 268の技
青木 峰郎 後藤 裕蔵 高橋 征義
ソフトバンク クリエイティブ
売り上げランキング: 31918
Ruby on Rails入門―優しいRailsの育て方
西 和則
秀和システム
売り上げランキング: 32126
かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発
arton
翔泳社
売り上げランキング: 207449

カラヤンとフルトヴェングラー

会社の近くの本屋で思わず衝動買い。本を読むと、ベルリンフィルハーモニー四代目を巡って、カラヤン、フルトヴェングラー、チェリビダッケの芸術とは関係ないところでの争いが克明に記述されています。面白かったので、一気に読めてしまいました。

最近、カラヤンの音楽を、軽薄だとか、大衆迎合的だとかで批判する人が増えているようですが、私はそうは思っていません。改めて、ベルリンフィルを指揮したベートーベンの英雄を聴いてみましたが、一糸乱れぬ演奏は流石に素晴らしい。

カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)
中川 右介
幻冬舎
売り上げランキング: 144339

フェルマーの最終定理

「フェルマーの最終定理」という本を読んだ。

私は、大学時代は数学を専攻していたので、この定理(当時は「フェルマー予想」と言っていた)を知ったのは、大学に入った年だったと思う。命題自体は非常に単純で、だれでも意味を理解できる。

『3 以上の自然数n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (xyz) の組み合わせがない』

という予想だ。

しかしながら、私が大学生の時まで300年もその証明が誰にもなされていなかった。数学科の学生って、こういうタイプの問題に対して、非常にロマンを感じるものだ。

「フェルマーの最終定理」という本は、この予想に挑んだ過去の数学者の物語や、数学の一分野である「数論」という分野に関して、そして何より、フェルマー予想を証明しフェルマーの定理とした「アンドリュー・ワイルズ」について記述されている。複雑な式は記述されておらず、人間ドラマとして書かれており、非常に楽しめました。

 

国家の品格

「国家の品格」という本を読んだ。著者は、数学者であり、お茶の水大学教授の藤原正彦さんだ。この本は多々同感できるところがある。
まず、

  • 論理を疑うということ

筆者が指摘する点は、「論理というものは、必ずある仮定から出発する」ということだ。だから、そもそも仮定が間違っていれば、あとの思考が論理的であればあるほど、間違った結論に到達することになると述べている。まさしくその通りだと思う。ユークリッド幾何学においても、「平行線は交わらない」という仮定の上で論理が展開されるが、射影幾何のように「無限遠点で平行線が交わる」という仮定のもとの幾何学も成立するのだ。

ある知人が「私は全てを論理的に説明することができ、またそのように行動してきた」と言っていたのを聴いて、違和感を感じていたのだが、その理由は全くこの筆者の考えと同じだった。所詮はある感情を前提においての論理的帰結なはずだ。

世界の様々なところで紛争が起こっているが、それぞれ異なった前提をおいて(例えば、聖書やコーラン)、自らの行動を正当化するために論理を組み立てているのだ。

その意味で、人間は非論理的な動物であるが故に、論理にすがろうとしているのだろう。

  • 国際人の認識

筆者は、「英語ができる人が国際人ではない」と強調する。「真の国際人とは、母国語や母国の文化に精通していることが前提条件」だと述べる。その証拠にアメリカ人(当然英語を話せる)の内で、国際人といえるのは少数とのこと。

わが家でも、英語教育の話題がたまに出る。幼稚園や小学校からの英語教室があるからだ。そんなとき、私は、「幼稚園や小学生のうちは、英語をやる暇があったら、国語や算数などの基礎教育や、情緒を育てる音楽や美術などを習ったほうがいい」という。大学を卒業してから英語を勉強し、立派にビジネスレベルなひとがいるから。

  • 武士道精神の復活

武士道精神というと古くさい印象を与えるが、要は、「卑怯を憎む心」、「弱者や敗者を哀れむ心」、を大切にすることを強調している。欧米の自由・平等の考えを推し進めていくと、「万人の万人による戦い」のような状況に陥り、ますます貧富のさが広がっていくだろうと述べている。

しかし、この「卑怯を憎む心」や「弱者は敗者を哀れむ心」を論理的に教えるのは難しいと思う。筆者もこのことは認めているようであり、私も教育にひたすら論理を持ち込むのは無理だと思う。もちろん自我が育ってきたら、論理も大切だが、「頭ごなしに」教え込むという姿勢も大切なのではないかと思う。

  • 基礎学力の大切さ

筆者は、基礎学力(数学や理論物理学など)をどれだけ国家がまじめに取り組んでいるかによって、国家の底力に影響を与えると述べている。

要は、役に立たないことでも価値があるものは沢山あると言うことだと解釈しました。

最近、小中学生が株式投資のまね事を行い、ライブドア株で大損しているという記事を聴く。そもそも小中学生に株式投資をやらせる意味がわかりません。もっと、基礎的なことを勉強したら、と思う。

とまぁ、私の感想を述べてみました。まぁ、ちょっと意見が過激かもしれないけど、世の中、アメリカのスタンダードがグローバルスタンダードだと見なされて、弱肉強食の文化がはびこっている中、貴重な意見を述べた本だと思う。
おすすめです。

プロセッサの知識

組み込みの仕事は、ソフトウェアの知識のみならずハードウェアの知識も必要。

仕事場では、PCにMulti-ICEを接続してプログラミング中。

プロセッサの勉強もする必要があるので、以下の本を購入して土日に読んでいた。いや、しかし、久しぶりにCPUの本を読んだけど、面白いね。

C言語復習。

図解C言語 ポインタの極意」を読み終える。非常に分かりやすく、読みやすい本でした。ポインタの復習にもっってこい。

通勤電車の中では、「新版 C言語によるアルゴリズムとデータ構造」を読み始める。これも分かりやすい。練習問題は、会社の昼休みにオフィスのPCにCygwinを入れて試した。

物流の勉強

今日は、通勤電車の中で読書。「図解 よくわかるこれからの物流―なるほど!これでわかった (DO BOOKS)」を読む。この本は、入社前にも読みましたけど、実務に接していなかったので、今一つピンと来ませんでした。今回は、物流本部に配属され、色々な実務を経験した後だったので、以前より頭の中に入ってきたような気がします。でも、やっぱり物流ってムツカシイですね。

Page 4 of 6 « First...23456