暗号化

暗号化 プライバシーを救った反乱者たち」を読みました。政府に独占されていた暗号技術が、どのようにして今のように誰でも使える技術になったのか、を物語風に記述しています。特に、デッフィーとヘルマンの話題と、RSAの歴史、PGPの成り立ちの部分を興味深く読みました。アメリカってやっぱり軍事国家なんだなぁ、とも思えてしまう内容です。

暗号についての知識がなくてもそれなりに読めますが、暗号に関しての知識を少しでも持っていたほうがより面白く読めると思います。ITエンジニアの方は読んでおいて損はないと思います。

なお、暗号に関する基礎知識を得たい人は、結城浩さんが書いた「暗号技術入門-秘密の国のアリス」がお勧めです。非常に分かりやすく記述された暗号に関する本です。

暗号化 プライバシーを救った反乱者たち
スティーブン・レビー
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 300672
暗号技術入門-秘密の国のアリス
結城 浩
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 9386
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]