ベートーヴェン ピアノソナタ第32番

ベートーヴェンの最後のピアノソナタである、32番 ハ短調。このソナタは、二楽章しかないのですが、ベートーヴェンのピアノソナタの中で最も完成度が高いと言われています。

居間に一人で座りながらこの曲が流れてくると、思わず引き込まれてしまう。そして、心を揺さぶられる。

この曲に心を揺さぶられるようになったのは、自分が歳を取ったからかもしれません。

今は、アシュケナージの1971年の演奏を聴いています。そのライナーノーツには、評論家の石井宏石井宏 氏の以下のような文章が記載されています。

主部は強靭なソナタで、その力感、その構成力は、まさにベートーヴェンの神髄である。これに対して結びの楽章は、心の心奥から流れ出る歌である。そこには万感こもごも至る思いがある。失われた青春への思い、悔恨、神への帰依、否定、肯定…そしてまばゆいばかりのクライマックスのうちに、彼の最後のソナタは終わる。もうこれ以後に彼のソナタはあり得ないと思うほど、その幕切れは感動的である。

まさに、名文であり、このソナタをよく表現していると思う。

アシュケナージ(ウラジミール)
ポリドール (1994-04-22)
売り上げランキング: 909
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]