アド街ック天国 北赤羽

テレビ東京の「アド街ック天国 北赤羽特集」を見ました。

うわぁぁ、懐かしい。高校卒業まで住んでいた桐ヶ丘団地がBest1ですよ。
アド街のホームページには

昭和29〜51年にかけて建設された都営団地。
完成当時は東京23区最大、約52万8000平方メートル(東京ドーム約11個分)もの敷地に146棟。ダイニングキッチンにステンレス製の流し台など…当時は最先端を行くおしゃれなライフスタイルでした。こうして団地から西洋式の暮らしが日本中に浸透していったのです。
一大センセーションを巻き起こした北赤羽の象徴的な風景は、今も温かい空気に包まれています。

と書いてあります。

桐ヶ丘商店街にある「あさま屋菓子店」や「天ぷら 三平」も行った行った。あさま屋は、小学生時代、遊ぶ時の待ち合わせ場所だったなぁ。団地特有の給水塔は、日常の風景でしたし、「おもちゃのふくしま」も懐かしい。。。

私は、高校卒業と同時に引っ越してしまったけど、あの頃遊んだ皆はどこに行ったのだろう。桐ヶ丘団地も再開発しているという噂も聞くし。

少しずつだけど、着実に、時は流れる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]