上原彩子さんのピアノ・リサイタル

彩の国さいたま芸術劇場で催された、上原彩子さんのピアノ・リサイタルに行ってきました。

曲目は以下です。

  • ショパン:夜想曲第7番 嬰ハ短調 作品27−1
  • ショパン:夜想曲第8番 変ニ長調 作品27−2
  • ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品35 「葬送」
  • ショパン:ワルツ第6番 変ニ長調 作品64−1「子犬のワルツ」
  • ショパン:ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64−2
  • ショパン:12の練習曲 作品25

専門的なことはよくわからないのですが、やはり前半の葬送ソナタと後半のエチュード Op.25が印象に残りました。

葬送ソナタ第3楽章の葬送行進曲を聴いているときは、亡き父を思い出してしまい、思わず感情移入です。

あと、エチュードの終盤をこれだけダイナミックに弾ける人もいないんじゃないかなぁ、と思いました。

盛大な拍手の後、以下の3曲をアンコールで弾いてくれました。

  • チャイコフスキー:18の小品~第5番「瞑想曲」
  • チャイコフスキー:18の小品~第16番「5拍子のワルツ」
  • シューベルト:3つのドイツ舞曲より

次は、彼女が弾く、ショパンのスケルツォやバラードを聴いてみたいなぁ。

P.S
葬送ソナタ 第4楽章って、この曲に組み込まれている必然性が今ひとつ分からないなぁ。

P.S 2
彩の国さいたま芸術劇場の音響効果は素晴らしい。ピアノがあれだけ響くなんて…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on StumbleUpon
Share on GREE
Bookmark this on Delicious
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]