モーツァルト ディベルティメント 第17番 (K.334)

この連休中に、久しぶりにモーツァルトのディベルティメント(第17番 K.334)を聞きました。この作品は、モーツァルトの後期の作品ほど深みはないのですが、非常に美しいメロディです。お酒を飲みながら聞いていたので、大変楽しめました。
#ちなみに、ディベルティメントの日本語訳は、喜遊曲というそうな。

ディベルティメントは、少人数で演奏されることが多いと思うのですが、私が聞いたのはカラヤン指揮、ベルリンフィル演奏のCDです。この曲としては、大人数で演奏されています。

しかしながら、流石にベルリンフィルです。非常に流麗な演奏で、それでいてかっちりとした一糸乱れぬ和音を奏でています。「 少人数の演奏で聞くディベルティメントもいいけど、シンフォニックなのもいいね」、と思ってしまいました。

我が家の、ONKYO A-933ONKYO C-733KEF iQ3の組み合わせにも満足。

追記:
申し訳ございません。間違えて「ラブ日本史」のトラックバックピープルに送ってしまいました。トラックバックピープル「ラブ日本史」の管理人様、もし見てたら削除をお願いします。
TB削除依頼にトラックバックします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]