ネガカラーについて

写真通でフィルムカメラを使用している人は、ポジ(スライド)フィルムを使用している人が多いと思いますが、私は主にネガフィルムを常用しています。高校時代は、白黒フィルムとして「サクラパン」、カラーフィルムとして「サクラカラー」を常用していたせいか、現在は、コニカミノルタ製のフィルムを主に使用しています。

(当時、「サクラパン」、「サクラカラー」は、「小西六写真工業株式会社」という会社の製品でした。後に小西六写真工業株式会社は社名をコニカに変え、その後ミノルタと合併して「コニカミノルタ」となりました。)

通常、CONTAX T3には、「CENTURIA SUPER 200」を、Nikon F70 には、「CENTURIA SUPER 400」が入っています。

ネガカラーフィルムを使用する理由は、はやり写真を鑑賞するときは、プリントしたものをみるためです。あと、ネガフィルムはラチチュードが広いので、少々の失敗でもカバーしてくれます。軟調な色彩も気に入っています。

現在はデジタルカメラからプリントできるということなので、デジカメでもいいような気もしてきましたが、デジタルデータは一瞬のうちにデータを消すことが可能なので、ちょっと不安です。ネガは燃やしさえしなければ、半永久的に保存できるので、現在は、ネガとネガからスキャンしたデジタルデータの両方を保存しています。

コニカ CENTURIA SUPER 400 35mm27枚撮り×5本パック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]