フューチャー・イズ・ワイルド

最近、Blogの更新をすっかり忘れてました。会社の同僚がBlogをやっているのを聴き、思い出した。

この前書いた「ゲーデル、エッシャー、バッハ」は、パラパラと読んでいます。

そうそう、昨日、四番町図書館で予約していた本「フューチャー・イズ・ワイルド」が、貸し出し可能ということなので借りてきました。

#図書館は仕事場から10分から15分くらいのところなので、仕事中にコソっと行くこともあります。

かなり、私の好奇心を刺激してくれて、昨夜のうちに3/4ほど読んでしまいました。この本に出てくる(人類滅亡後に地球上現れる)動植物は、かなり荒唐無稽なのですが、今までの進化の理論を適用すると可能性として十分成り立ちうる生物なのだそうな。

「アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界」も予約しているので、借りるのが待ち遠しいです。

フューチャー・イズ・ワイルド
ドゥーガル・ディクソン ジョン・アダムス 松井 孝典 土屋 晶子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 25160
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]