連休に島田雅彦

この連休中は、いろいろばたばたしていたのですが、小説を一冊読みました。

島田雅彦の「彗星の住人」。

一族4代にわたる壮大な恋愛の物語。出だしから島田ワールドに飲み込まれてしまいました。読み終わった後は、何とも言えぬ感情に支配され、小説の後味を反芻していました。

島田雅彦の作品は、10年以上前は、色々読んでいましたが、結婚してからはあまり読んでいませんでした。
(というか、小説自体の読書量が大幅に減った)

この小説は、三部構成の第一部(「無限カノンⅠ」)だそうで、続けて「美しい魂」(「無限カノンⅡ」)を仕事の合間をぬって読んでみようと思っています。

父(ダダ)を探しに行こうかと思うんだけど。

カヲルはね、一人の女に命がけの恋をしてしまったのよ。

ちょっと、出かけてくるけど、ママをよろしくな。寂しくなったら、パパの夢を見ろ。

棺桶には一人しか入れない。でも嘆くことはない。死者は夢の中の人と同じ成分で出来ている。いつでも会いにおいで。

いずれ死にます。人の死亡率は百パーセントだから。

彗星の住人―無限カノン〈1〉 (新潮文庫)
島田 雅彦
新潮社
売り上げランキング: 199283
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on StumbleUpon
Share on GREE
Bookmark this on Delicious
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]