1000万画素級カメラ続々

1000万画素級のカメラが普通になりつつあります。1000万画素級カメラ続々

Sonyのα、CanonのKiss, NikonのD80に続き、PENTAXも発表です。名前はK10D

1000万画素の他に特徴は、

  •  手ブレ補正機能「SR(シェイクリダクション)」の搭載
  • 振動によるゴミ除去機能
  • ボディの防塵・防滴
  • ガラスペンタプリズムを使用したファインダー

でしょうか。

Nikon D200より基本スペックが良いような…更に安い…

K100D, K10Dと発表しているので、命名から想像するに、K1Dというプロ用機種を期待してしまいます。

http://www.digital.pentax.co.jp/ja/35mm/k10d/feature.html

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2006/09/14/4596.html

さらに、大御所「ライカ」も遂に発表しました。それも、一眼レフではなく、レンジファインダーです。M8がデジタルで出るとは、予想していなかったですが、レンジファインダーの機構上オートフォーカスが難しかったので、このままマニュアルフォーカスのフィルムカメラとしてM8を開発するより、デジタルレンジファインダーという分野に打って出たのでしょう。しかし、価格が577,500円…高過ぎます。レンズも併せて買うといくらになるのだろう?

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/rf/2006/09/15/4619.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]