テンペスト

久しぶりに、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第17番ニ短調を聴いた。通称「テンペスト」と言われる曲だ。

この曲名は、ベートーヴェンが付けたものではない。謂れは、ベートーヴェンの友人のシントラーがこのソナタの内容をベートーヴェンに質問したところ、「シェイクスピアのテンペストを読め」と言われたからだそうである。

アシュケナージが1976年に録音したCDを聴いたのだが、流石に素晴らしい。第一楽章の静かな立ち上がりから、緊張感のあるアレグロの旋律。第二楽章の深みを感じさせるアダージョ。そして、やっぱり、テンペストといえば、第三楽章。この楽章は、初めから終わりまで16分音符の同じリズムが続くが、そのリズムの中に「嵐」のような情熱を感じさせ、駆け抜けるようにフィニッシュを迎える。

ベートーヴェンの3大ソナタ(悲愴、月光、熱情)を聴いた後に、何を聴こうかと思っている人にはお勧めな曲だと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]