ゼルキン、アバドのモーツァルトピアノ協奏曲 イマイチ

友人の家で、モーツァルトのピアノ協奏曲第25番を聞かせてもらった。演奏は有名なルドルフ・ゼルキン(ピアノ)、クラウディオ・アバド(指揮)、ロンドン交響楽団(演奏)だ。

しかし、私が普段聴いているアシュケナージや内田光子、ピリスの演奏と比較して、鈍重な印象TANNOY STIRLINGを拭えなかった。ゼルキンのピアノがどうもモーツァルトの軽やかさを表現していないと思ったのだ。オーケストラもそれにつられて重々しい感じ。

彼のベートーベンの皇帝なんか素晴らしくいい演奏だと思うんだけれど、モーツァルトとなると私の好みに合いません。モーツァルトをベートーベンの様に弾いている印象を受けてしまう。聴きながら「もっと軽やかに、宙を舞うように弾いてくれ」って、心の中でつぶやいてしまいました。

でも、友人の家のスピーカーは、TANNOY STIRLING。いい音だったなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]