EAの大切さ

物流システムの構築をしようとしていて、物流センター内のWMS(Warehouse Manager System)のデザインをしているのですが、やはり社内の基幹システムとのインタフェースが当然のようにからんできます。基幹システムのマスターテーブルからWMSにデータを持ってきたり、逆にデータを送信したり… これがまた、複雑怪奇なのです。基幹システムも、付け足し、付け足しで機能が随時追加されているので、仕様が膨大になってきています。

やっぱり、データは1ヶ所で集中管理がいいですね。そのとき大切なのが、情報システム部の力です。情報システム部が一貫したアーキテクチャを作成し、各部門がそのアーキテクチャの上にシステムを構築し、情報システム部がレビューする。

しかし、実際にはそうなっていない企業が多いみたいです。やはり、各部の情報システムは各部が予算を持っており、各部がばらばらにシステムを作成し、その結果ばらばらのシステムが…

あぁ、昔スパゲッティプログラムという言葉がありましたが、スパゲッティシステムですな、これは。末恐ろしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
[`twib` not found]
[`tweetmeme` not found]